忍者ブログ
[210]  [209]  [208]  [207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200

DSCN0005.jpg作家の北森 鴻さんが亡くなりました。
48歳という若さですが心不全とのことです。
と言われても 『北森 鴻って誰?』 という方も多いと思いますが鮎川哲也賞を受賞したミステリー作家です。(鮎川哲也って?という方はネットで調べてみて下さい)
私が好きなのは 「香菜里屋」 というビアバーのマスターを主人公に据えた連作短編です。
ミステリーといっても人が次々に殺されるといったものではありません。
人生の機微、男女の機微、動物との触れ合い、過去の追憶と現実の流れ等々が題材になった小粋な短編小説です。
多作ではありませんでしたが味わい深い作品が多く粒揃いでした。
このまま年齢を重ねればもっともっと味のあるエレガントな作品が読めると思っていましたが残念です。
最近は北森氏に限らず若い人の死が多く報じられます。
それも 『予てより病気療養中』 という状態ではなく心不全や急性心筋梗塞などが多いようです。
このような突発性の症状が原因だと若い、若くないは関係ありませんから気を付けようがありません。
仔細に考えれば 『そう言えば』 というようなことがあるのかも知れませんがその時は気にも掛けていませんしねぇ ・ ・ ・ 。
雑文館にご来館の老若男女の皆さん、取り敢えずはこの冬を乗り切りましょう。
そして梅の便りを聞きながら桜の明日を待ちましょう。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
管理作成
affiliate
アフィリエイト
あし@
フリーエリア
Copyright © All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]