忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
昨日の日曜日、この冬初めて灯油を購入しました。
先週の日曜日から灯油販売の巡回車が来るようになりましたがその時は買いませんでした。
物置には4本の灯油タンクがありますがその内の1本は既に半分程度 (前の冬の残り) で残りの3本は空っぽです。
まだ購入せずとも大丈夫とは思いましたが気候に急変があっても対処できるよう “備え有れば憂い無し” を実践しました。
この冬初めての灯油の価格は18リットルで1500円です。
前の冬の安定期が1300円程度と記憶していますので少し値上がりしているようです。
巡回車のオジサンも 『その昔は700~800円程度が相場で1500円の今より儲かっていた』 と嘆いていました。
業者も儲からず、消費者も高価格に悩む中、儲かっているのは潤沢な資金運用が可能な投機筋だけのようです。
PR
昨日の夜はカニを肴に一杯やりました。
ネット通販で購入した “訳ありカニ脚” です。
ネット店舗の画像イメージから勝手に 『捌いてあって解凍すれば直ぐに食べられる』 と思い込んでいました。
解凍して袋から出して初めて自ら包丁を入れなくてはいけないことに気付きました。
面倒とは思いましたが既に解凍してしまったのでやるしかありません。
カニ脚の数は大したことはありませんがやはり面倒でした。
作業が面倒な割に成果が少ないのがカニの特徴ですが今回も然りです。
苦労して出来上がった蟹脚は塩加減が少し濃く感じましたが美味です。
と言うより美味と思わねば報われません。
カニと言えば当『Roshiの雑文館』の顧問で写真提供をしてくれているTakaさんは捌くのが上手です。
考えてみれば家でカニを食するときはいつもTakaさんが居ました。
Takaさんが綺麗に捌いたものを私Roshiは食べているだけでした。
台所でカニを捌いているTakaさんの周りをチョロチョロしながら 『大変そうだなぁ ・ 面倒そうだなぁ』 とは思ってはいましたが実際に自分でやってみて思った以上の労力と精神力が必要と分かりました。
そして自分は捌くより食べる方が向いているとも確信しました。
Takaさんには今更ながらですが改めて厚く御礼申し上げます。

9b6a3630.jpeg昨日の夜は駅弁を食べました。
旅行に行った訳ではありません。
いつも1週間分の買い物をするスーパーで小規模な駅弁大会が行われていたのです。
ほぼ3ヶ月に1回くらいの割で10種類程度の駅弁(空弁)を並べて行われています。
駅弁大会の時はいつも 「牛タン弁当」 を購入するのですが偶には目先を変えようと岡山の 「ご馳走弁当」 を買ってみました。
これは岡山の“祭り寿司”をコンセプトに作られているようで色々なおかずが少しずつ8種ほど入っています。
美味い、不味いは好みですが私はと言えば次は 「牛タン弁当」 に戻ろうと思います。

当地神奈川県雑文館地方にも一気に秋がやって来ました。
本当に残暑をスパッと断ち切るような急激な変化です。
特に きょうは雨が降っていますので暑がりの私でも涼しさより少し寒さを感じます。
しかし、週間予報だと曇りがちながら未だ25度を超える日もあるようです。
そう言えば先週の土曜日は午前中は雨上がりで涼しかったので長袖だったのですが午後からは日が差して蒸し暑くなり半袖にしました。
暫くは長袖ベースながら半袖もクリーニングには出さない方が良さそうです。
暑がりの私の本音はまだ当分は涼しいながらも半袖OKなのですが世間はどうなのでしょう。
個性を主張するよりも世間に紛れ、人民の海に韜晦して安穏に生きて行くにはやはり長袖なのでしょうか。
人民の海の片隅からもう少し世間の様子を見てみようと思います。

きょうのお昼過ぎに郵便配達の人が書留郵便を届けてくれました。
受取票にサインをして渡すと配達員は 『チョッと早いのですが』 と言ってリーフレットを寄越しました。
それは年賀状の予約申込書でした。
私が 『エッ、残暑もまだ終わらないのにもうそんな時期なんだ』 と言うと年々少しずつ早くなっているとの事です。
『必要枚数を記入してポストに投函して頂けば時期になったらお届けに上がります』 と言い置いて配達用バイクに戻って行きました。
そう言えばネットの通販サイトでも 『お節料理承ります』 のメールがちらほら届きます。
秋気配とは言え厳しい残暑にヒーヒー言っている身には年賀状もお節も全くピンと来ませんが世間の商魂は既に師走からお正月辺りをターゲットに動いているようです。
ハロウィンやクリスマスも未だ未だ先なのにそれらを飛び越したお節料理を予約する人が居るのでしょうか。
私からみれば突拍子もないこの時期のお節予約メールですが一定の予約が見込めるからこそのメールなのでしょう。
“おめでたいお節料理” の予約メールなのですが私の頭の中では 『生き急ぎ ・ 死に急ぎ』 といったような言葉が明滅しています。
世の中の動きが早くなっているとは言え残暑最中のお正月には四季の有る国の住人として少し勿体ない気がします。
8月も今日を含めて残り2日となりました。
例年だと 『残暑の中にも秋の気配が漂い~』 などで文章が始められる時期ですが今年は残暑が居座っています。
それもチョッとやそっとの暑さではありませんので残暑と言うより “本暑” の域です。
向こう1ヶ月の長期予報でも気温は高く雨は少ないようです。
果物は確かに甘く、価格も一部を除いては安定しているとのことですが野菜の葉物などは高価格のようです。
秋の代表的な味覚である秋刀魚も一時よりは値下がりしたようですが高値安定が続いています。
秋刀魚に付き物の大根も例年より高値のようです。
秋刀魚定食は “時価” になり食後のフルーツは食べ放題なんて店が出て来てもおかしくないようです。
 
管理作成
affiliate
アフィリエイト
あし@
フリーエリア
Copyright © All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]