忍者ブログ
[313]  [312]  [311]  [310]  [309]  [308]  [307]  [306]  [305]  [304]  [303
 セカンドオピニオン (2011.8.29)

民主党の代表選が行われ大方の予想通り1回目の投票では決着せず2回目の投票となりました。
そして、これも予想通り1回目第2位であった候補者が代表の座を得ました。
言ってみればセカンドオピニオンの医師に身を託したことになります。
今回の投票も党員やサポーターと言われる人たちの投票は無く、国会議員だけの 「政策なし、数の論理優先」 の選挙でした。

当選した野田財務相は第1回投票1位の海江田経産相に比べると小沢氏の影は薄いようですが多かれ少なかれの影響は受けざるを得ないでしょう。
野田さんの人物、政策、力量、好き嫌いは別として地味に過ぎるきらいは拭えませんがパフォーマンス大好きの菅氏よりは大幅にマシと思えます。

党代表が決着しましたから次は党と内閣の人事です。
誰を幹事長に据え、誰を官房長官に持ってくるかで “野田内閣” の意識と意欲が見えてくるのではと思えます。
誰をどこに据えるにしても先ずは原発問題を含めた大震災の復旧 ・ 復興と経済 ・ 財政の建て直しが急がれます。

代表選は最初から最後まで内向きで終わりましたが明日からは決して許されません。
しっかりと国民に視線を向けて見るべきものを見、聞くべきことを聞く姿勢を持たねば民主党に明日はありません。
民主党に明日が無くても一向に構いませんが国民が道連れは断固としてお断りです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理作成
affiliate
アフィリエイト
あし@
フリーエリア
Copyright © All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]