忍者ブログ
[338]  [337]  [336]  [335]  [334]  [333]  [332]  [331]  [330]  [329]  [328
 被災地復興を妨げるもの (2012.2.27)

被災地の瓦礫の処理が滞っています。
受け入れを表明している自治体でも住民の放射線の懸念による根強い反対があるようです。
しかし、同じに日本に住む者として一定のリスクを受け入れるのは当然のことではないでしょうか。
『子供への影響が心配』 と受け入れ反対の親たちは言いますが被災地や避難地にも大勢の子供が居るのです。
『使う電気は選べない』 と言う人も居ますが原発で作った電気を全部にせよ一部にせよ使っていたのは紛れもない事実です。

電力の恩恵は享受するが結果としての放射線の危険は被災地で我慢せよと言うのはエゴであり恥を恥とも思わなくなった日本人の日本人とも思えない悲しく浅ましく品性を置き去りにした姿ではないでしょうか。
政府の不手際や無能が国民からの信頼を無くした事が始めにあるということが間違いのない事実としてもです。

それらを考慮しても日本に住んでいる以上は被災地の苦労を少しでも和らげ復旧復興のために先ずは障害となる瓦礫の受け入れと処理は急務です。
こんなときだからこそエゴを廃し、我が子が可愛いのと同じように被災地の子供たちのリスクも軽減して早く落ち着かせてあげたいと思いませんか。
我が子さえ良ければ、我が地域 (県、市町村等々) さえ放射線の影響が少なければそれで良い、では被災地の復旧・復興は足踏みを続けるばかりです。
被災地の復興は進まず、進むのは日本人の心の荒廃と地域エゴばかりで本当に良いのでしょうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理作成
affiliate
アフィリエイト
あし@
フリーエリア
Copyright © All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]