忍者ブログ
[369]  [368]  [366]  [367]  [365]  [364]  [363]  [362]  [361]  [360]  [359
2012.11.25

 灯油と選挙

いつもの巡回車のいつものオジサンからこの冬初めての灯油を買いました。
価格は18リットルで1750円でした。
これは昨冬と同じ相場だそうです。
値下がりの気配があるのか聞いてみましたが『値上がりの要素は幾つもあるが値下がりの要素は何もない』とのことです。
当分は現状維持で販売するが、いつ値上げになってもおかしくないそうです。
原発の稼動が滞ってから化石燃料頼みに回帰していますがその影響が回りまわって庶民の使う “灯油価格” にも直接的に跳ね返っているようです。
普段、頭では理解しているつもりですが灯油という現物に直接現金を支払うと脳内の理解だけでなく肌身で物事が理解できます。
 
いま、列島は事実上の選挙戦真っ只中ですが原発に限らず種々色々な面で国民の理解と判断、覚悟が求められています。
覚悟を持たない(前)議員たちは己の当選ばかりを考えて離合集散、右顧左眄、右往左往していて見苦しい限りです。
選挙の為なら根本的な政策の相違すらも “小異” と平気で矮小化して恥じません。
今回の選挙は自民、公明とあと幾つかの党を除けば言うところの “第三極等々” は無能力を露呈した民主党と同じ寄せ集めの選挙互助会のようなものです。
『覚悟の無い立候補者を有権者は覚悟を持って選ばなければならない』といった混迷と混乱の選挙です。
だからこそ、いつもの選挙以上に有権者の見識が試されています。

今回の選挙には 『日本が浮くか沈むか』 が本当にかかっていると思います。
覚悟の無い愚かで恥を知らない政治家どもが沈むのは一向に構いません。
構いませんが愚かな政治かも覚悟を持って一票を投じる国民、有権者も同じ列島の上に居るのです。
真っ当でない政治家どもが沈むときは真っ当な国民も一緒に沈むことになるのです。
この国の政治と政治家の劣化はいつまで続くのでしょう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理作成
affiliate
アフィリエイト
あし@
フリーエリア
Copyright © All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]