忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
今夜は鍋 「寄せ鍋」 をしました。
具材の買い出しにいつものスーパーへ。
高いと承知はしていましたが野菜類が高値です。
寄せ鍋の花形、白菜は丸々1個より半分や四半分での販売が主流です。
大根も半分のものが売られています。
野菜類に比べて肉類は輸入品もあり安定しています。
魚介類も一時の高騰からは落ち着いている気がします。

そして食卓の上には少し前に買い換えた小型ガスコンロ。
ガスコンロの上には土鍋。
土鍋の中には種々の具材と極めて少量の白菜。
去年の冬は胸やけするほど多量の白菜が入っていて寄せ鍋ではなく “白菜鍋” かと思うほどだったと記憶しています。
何という落差なのでしょう。
その代わりに大量の豆腐と白滝が投入されています。
それはそれで美味しいのですが何か物足りません。

白菜というものはそれ程ハッキリとした味がある野菜ではありません。
普段は精々お漬物で出てくる程度ですが鍋になると俄かに脚光を浴びます。
普段は地味な脇役俳優が準主役を張るような感じです。
脇役の頃は安いギャラでそこそこの活躍だったのに突然のギャラアップで気軽に出演交渉ができなくなりました。
もう少しギャラが下がらないと番組「寄せ鍋家の人々」へのレギュラー出演は難しいかも知れません。

        「偏食は食べる側より鍋の中」





PR
ついこの間までは蛇口を捻ると生温かい水が出てきました。
この頃は冷たい水が出てきます。
ポットに入れた氷も長持ちします。
秋ですね ・ ・ ・ 。
我が家から歩いて5分ほどの所に牛丼店があります。
オープンして4年くらい経つでしょうか。
この場所は以前はコンビニがありましたが出来ては潰れ、出来ては潰れを繰り返して3軒くらいが入れ替わり現在の牛丼店に至ります。
交差点の角で数台の駐車スペースも備え一見するとコンビニには持ってこいなのですが何が原因か上手く行かなかったようです。
そして牛丼店。
オープン当初はこの店も上手く行かないだろうというのが周囲の観測でした。
しかし持ち堪えています。

私も今年になって初めて足を踏み入れました。
所用の帰り、昼食時を過ぎ、帰宅してから何かを作ったり出前を取ったりするのは面倒との思いで足を踏み入れました。
最初に驚いたのはいま思えば当たり前なのですが食券を購入することです。
液晶パネルで先ず店内飲食か持ち帰りかを選択してからメニュー選びです。
思った以上のメニューの多さに戸惑いました。

牛丼店なのだから取り敢えず牛丼をと考えましたがそれも幾つかに分かれています。
そしてサイドメニューまで入れればチョッとしたカオスです。
それでも基本的と思われるチョイス(私の場合は牛丼と生野菜)をしてワンコインでお釣りが来ます。
食券を渡して長くても5分で出て来ます。
よく言う『早い、安い』は満たしています。
『美味い』は人それぞれの好みなのでここでは言及しませんが 。
そして今では食券購入に戸惑うこともなくベテランの域?に達しています。
牛丼のベテラン、何か哀愁があるなぁ ・ ・ ・ 。

        「一人客ばかりで静かな昼を食い」





我が家の自室でのエアコン(冷房)は省エネモードの28度に設定しています。
これは去年も一昨年も毎年同じです。
しかし今年は自室を出入りした時のメガネの曇りが頻繁です。
去年までは “偶に曇る” 程度だったので今年が如何に暑いかということなのでしょう。
そんな相変わらずの残暑ですがそれでもいつの間にか蝉の声は消え、夜は虫の集きに代わってきています。
だからといって “夜はエアコンが不要”と はならず粘るような暑さは続きます。
「もう幾つ寝ると」秋は来るのでしょう ・ ・ ・ 。
先ほど午前10時少し前、チョコッと用足しに出かけました。
何時に行っても良いような用件だったので少しでも涼しい内にと10時前を選択したのですが大きな過ちでした。
家の外は既に灼熱地獄と化していました。
ましてやエアコンの効いた部屋からのお出かけ、一瞬だけクラッとしたほどです。
小一時間ほどで用事を済ませ帰宅。
灼熱地獄からエアコン天国に戻り、きょうはもう何処へも出かけず引きこもりに徹しようと固く決心しました。
管理作成
affiliate
アフィリエイト
あし@
フリーエリア
Copyright © All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]