忍者ブログ
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12
きょうは幼馴染と夕食を摂りました。
医師や看護師に知られると顔をしかめられるメニューです。
ヒレカツ定食に生ビールそして食後の薬。
「身体に良くない」と言われるものほど美味です。
ましてや数か月ぶりの外食で気の合った友となら美味さは倍増です。
『毎日食べるわけではないので』 を言い訳にして 。
明日から暫くは粗食に勤しむ覚悟はできています。
覚悟はできているのですが頭と胃袋が上手く折合いをつけてくれるか心配です。

        「今日だけと言いつつ未練の落とし穴」
PR
皆さん、ご無沙汰しましたが 『Roshiの雑文館 / 時々日記』 やっと復活致しました。
前回の更新は昨年の12月25日、なな何とほぼ3ヶ月ぶりの更新です。
 
昨年は1年を通して入退院を繰り返し、年末そして新年も病院のベッドで迎えました。
味気ない入院食でしたがクリスマスイブ、元日、バレンタインなど “らしい” メニューが供され厨房スタッフの苦労が偲ばれます。
そして、今年の2月に又の入院。
この時の入院は今後の入院を遠ざける処置をする為の入院でした。
そして晴れて退院し現在は定期的に病院通いです。
 
以前から定期的に通院はしていましたが現在は以前より小まめな通院になりました。
通院を済ませ 『やれやれ』 と思っているとまた直ぐに次の通院日が来ます。
身から出た錆、自業自得ともいえますが 頻繁に健康診断ができる と思えば少しは憂さも晴れます ・ ・ ・?
 
これからは今まで以上に健康に重きを置き、できる範囲で更新して行きたいと思っています。
元々が緩~いコンセプトの 『Roshiの雑文館』 ですが今まで以上に緩やかになるかと ・ ・ ・ 。
ご来館の皆様のご理解を賜りお付き合いを頂ければ幸いです。
改めてこれからも 『Roshiの雑文館』 を宜しくお願い申し上げます。
 
        「振り返る入院ベッドのクリスマス 
                     いまや立春日々の早さよ」
 
きょうは今年も残すところあと1週間となった12月25日です。
玄関のチャイムが鳴り珍しい人物が訪ねて来ました。
包丁を研ぐオッチャンです。
3~4前に頼んだことがありました。
その時に 『また来年伺いますのでよろしく』 と言っていたのを覚えています。
 
そして年月を経てきょうの来宅です。
『前回、来年伺いますと言ってたのに来なかったね?』 と聞くと 『来たけど留守だった』 との返事。
言われてみればその頃 (年末年始) は入院して病院のベッドに居たなぁと ・ ・ ・ 。
包丁研ぎのオッチャンは雑文館地域は師走のこの時期しか各家庭を回っていないそうです。
“包丁を研ぎに出す” ということが体調のバロメーターの一つになりそうです。
 
        「研いだ刃で切りたいこの世の何もかも
きょうは12月20日の日曜日。
年内も残すところ10日余となりました。
実は私、内蔵疾患で入院していました。
今年は既に2回の入(退)院を繰り返していて今回が3度目です。
年末年始を目前に退院が叶い少しホッとしています。
昨年の年末年始は病院で過ごしました。
クリスマス風の入院食、お節風の入院食など病院側も色々と工夫をしてくれますが 『年末年始ぐらいは家で』 の思いには中々勝てません。
 
退院したからと言って直ぐに体調が100%回復とはいきません。
今もほぼ安静状態で過ごしています (寝たきりという事ではありません)。
病院なら看護師やヘルパーさんがやってくれていた事も自宅では自ら動くしかありません。
チョコッと何かをしては小休止を繰り返して生活しています。
病気前は何でもないような事も病気後は結構な重労働に感じます。
それやこれやをやりながら 『これもリハビリ』 などと思いながら体力の回復に努めています。
 
当雑文館の更新も思うに任せませんが当分は体調の回復に全力を傾けたいと思っています。
ご来館の皆さん、五七五繋がりの皆さん、暫くは低空飛行が続きますが体力回復の暁にはもう少しスムーズに更新していきたいと思っています。
もう少しのご猶予を宜しくお願い申し上げます。
 
      「病室の窓から見えし富士の山 外の寒さを結露にて知る
 
管理作成
affiliate
アフィリエイト
あし@
フリーエリア
Copyright © All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]