忍者ブログ
[222]  [221]  [219]  [218]  [217]  [216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211
きょう、眼科の検診に行きました。
待合エリアは込み合っていますが一組のご夫婦が目に留まりました。
ご夫婦とも70歳半ばといった年恰好です。
このご夫婦の旦那さんの声がよく通るのです。
声が大きいということもありますが病院のあの空間によく響くトーンです。
奥さんは周囲を気にして小声で喋るよう注意をしますが一向に効果はありません。
暫くして旦那さんは視力検査室に呼び込まれて行きました。
視力検査室と待合エリアは当然ながらドアで仕切られていますので普通なら中の声は聞こえません。
しかし、旦那さんの声は大きく、響きも良いので少し漏れて来ます。
『上、下、上』 とどうやら視力検査表(ランドルト環)を読んでいるようです。
そして 『横!』 と聞こえて来ました。
私は 『エッ、なに』 と思いましたが直ぐに視力検査表の輪の  横  が切れていることだと気付きました。
本来なら 『右 ・ 左』 と言い表すものですが旦那さんは 『横』 と言い表したようです。
間違ってはいませんが視力を検査するという目的にはそぐわない名(珍)解答です。
ですがクスリと笑えます。
私も何処かの眼科で使ってみたい誘惑に駆られます。
 
        「生きるなら病院さえもマイペース」
 
【ランドルト環 ・ 視力の判定に用いる視標。上下左右のうち1か所が、欠けた環状で、離れた一定の距離から見て、切れ目の方向を判定させる。/大辞泉】
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
管理作成
affiliate
アフィリエイト
あし@
フリーエリア
Copyright © All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]