忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
きょうから8月、葉月です。
葉月の由来は『木の葉が次第に落ちる季節を意味する「葉落ち月」 の略との説が古来から多く唱えられているそうです。
【 「幸せ暮らしの歳時記」 藤野邦夫/講談社刊より】

そもそも今の暦より40日程度は遅い旧暦での話なので新暦に換算すると9月半ばころになるのでしょうか。
それにしても暑いです。
この暑さは当地神奈川県雑文館地方だけでなく涼しいイメージのある北海道でも「観測史上初の最高気温」が道内のアチコチで記録されたとか。
 
ここで気象台での気温の測り方をザックリと。
或る程度の広さのある芝生地面に学校などでもお馴染みの 百葉箱 を日の光を浴びつつも風通しの良い場所に設置します。
設置する温度計や湿度計は地上1.5mの高さに設置します。
ここでの数値が天気予報などの最高気温 (または最低気温) として発表されます。
 
しかし我々が普段に生活する世の中に日の光を浴びながらも風通しの良い芝生の広場なんてあります?
別荘地にでも行けば有りそうですがそこは普段の生活の場では無いしねぇ。
 
なので天気予報で発表される気温は条件の良い場所での一つの参考記録でしかありません。
実際の気温は街中なら発表値より5~6度は違いますし体感温度なら10度くらい違っても何等の不思議もありません。
暑い時期になると各地に 「日本一気温が高い○○市」 と記した大きな温度計が設置されますがあれが普通の人の体感気温に一番近いような気がします。
何れにしても盛夏 (炎暑 ・ 猛暑 ・ 酷暑) の8月は始まったばかりです。
熱中症には呉々も注意し自分のみならずお子さんや高齢者を死に至らしめないためにも車に放置したり冷房を点けていない部屋で留守番をさせたりしないよう気を付けましょう。
 
        「熱中症去年の警句で足る怖さ」
 
PR
きょうから7月、文月です。
当地、神奈川県雑文館地方は梅雨の真っ最中の筈なのですが梅雨らしい雨が降りません。
行動するのには雨が降らないというのは大助かりなのですが水源地の場所によっては貯水量が著しく低下しているとのニュースもあります。
また、降るべき梅雨時に降らないと農作物の生育にも影響が大きく秋の収穫時には育成不良や生産過少で「野菜が高騰!」なども考えられます。

この時期は降らなくても蒸し暑くて堪りません。
同じ蒸し暑さならザ―と降って「雨上がりくらいは涼しいね」という風になって欲しいものです。
今週の当地の天気予報では 曇りマーク はあるのですが 傘マーク はありません。
天気予報 が全て当たると「梅雨なのに降らない1週間」になります。
 “梅雨時の雨” を覚悟している身には中途半端で何となく はぐらかされた気分 です。
ザーッと降ってピタッと上がる都合の良い雨が降ってくれないでしょうかね。

        「身勝手に降るも降らぬも文句つけ」
きょうは近所のファミレスで午後3時過ぎに少し早い夕食を摂りました。
近所でも普段は滅多に利用しないファミレスですが数日前に新聞チラシが入りそれにクーポン券が付いていたのです。
それは 「生ビール1杯無料 ・ ドリンクバー無料 ・ お勧め料理 割引」 というものです。
他の二つは期間がありますが生ビールだけはきょう(6/30)限定です。
それも15時から24時の制限付き。
“プレミアムフライデー” の家族を狙ってのクーポンのようです。
 
私が入店した時は適度に混んでいましたがお年寄り夫婦や年配女性のお友達風、母子連れが目立ち家族連れというのは少ないように見えました。
小一時間ほど店内に居ましたが帰りがけに家族連れが何組か席に着きましたが父親が一緒というのは皆無です。
まぁ、お父さん (又はお母さん或いは両方) が午後3時に退社しても4時前後のファミレスに来るのは難しいかな。
 
無料の生ビールと無料のドリンクバーそして割引の料理で腹を満たし店を出ました。
思えばもう少し若い頃はファミレスのクーポン券に限らずクーポンなど使うことはありませんでした。
若いが故に「カッコ悪い ・ スマートじゃない」 等の偏見がありました。
この歳になり 「有るものは使おうじゃないか」 に宗旨替えです。
 
ファミレス料理は驚くほど美味いというものはありませんが驚くほど不味いというのもありません。
大満足というのは無くとも 『まぁ、こんなものだろうな』 というラインに落ち着きます。
そう考えるとファミレスのクーポンというのは利用価値があるのかも知れません。
また明日から新聞チラシに目配りしたいと思います。
 
        「クーポンの無料に誘われ時間待ち」
 
 
きょうから6月、水無月です。
当地神奈川県雑文館地方の5月は下旬になってから少し涼しい 日が続きました。
それでも6月間際は夏日を越え、粘るような暑さのまま6月に突入です。
これまでの涼しさから6月を前にしての夏日の暑さ、涼しかった分だけ一層堪えます。
 
そうは言ってもこれからは蒸し暑く 夏日、真夏日、猛暑、酷暑の連続でしょうから心身ともに暑さに慣れなければいけません。
そして熱中症の対策も気にしなくてはいけません。
既に「駐車場の車の中に子供を放置してパチンコ、熱中症で子供は死亡」のニュースを観ました。
この時期になると必ずこの手のニュースが流れます。
 
「我が子を車に置き去りにしてパチンコ(或いは買い物等)」 は今の時期になると必ずと言っていいほど発生します。
世の中のごく一部の親御さんとは言え毎年起きる “放置 ・ 置き去り死亡事故” に対して学習能力は無いのでしょうか?
どんな馬鹿な親でも我が子は可愛い筈で、悪意を持って子供を死に至らしめるということは無いと思います。
なのに毎年のように起きる熱中症死
こうなってくると親御さんに想像力が欠如しているとしか思えません。
 
炎天下、車内に子供を置いて 「チョッとそこまで」 と所用の一歩を踏み出す前にチョッと想像力を働かせましょう。
パチンコで思った以上に玉が出てやめられない、チョッとの買い物のつもりが他にも目移りがして決められない等々 ・ ・ ・ 。
そんな場面を想像すれば子供を車内に置いておくのは危ないと思う筈です。
どんなにパチンコが出ても景品所で子供と両替とはいきません。
どんなに気に入った買い物でも我が子ほどのお気に入りは見つからないと思います。
 
お年寄りを含め熱中症による死亡事故、今年こそ想像力と思い遣りを持って無くすように努力しましょう。
小さい子供たちのお母さん、お父さん、子供を熱中症死から守るのは貴方たちの義務であり責任であり生きる喜びなのではありませんか。
 
        「熱中症 去年の記事でも 通用し
きょうから5月、皐月です。
世間はゴールデンウイークの真っ只中ですがそういう私は社会人になってからズーとカレンダー通りです。
会社がカレンダー通りなので必然的にそうなります(「私もそうです」との声が聞こえそうです)。
そうは言っても新聞やテレビニュースなどで高速道路は渋滞、空港は出国ラッシュなどと煽り立てゴールデンウイークの恩恵に浴さない身にも何となく “黄金休モード” を強いります。

黄金休が勤務の身には期間的とはいえ通勤ラッシュが無くなるのは有難いことです。
ラッシュ軽減ではなくラッシュ消滅と言っても良いくらいガラッと一変します。
楽チンではありますが黄金休不参加の悲哀も同時に味わうことになります。
そして毎年のことながらこの時期の晩酌は渋滞に嵌った車の映像で『ざまぁ見ろ』を肴に歪んだ一杯を楽しんでいます。

        「美味いのは悪態と飲む一杯目」






管理作成
affiliate
アフィリエイト
あし@
フリーエリア
Copyright © All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]