忍者ブログ
[59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49

生田緑地内「ばら苑」 投稿者:Taka 投稿日:2008/05/25(Sun) 01:15 No.1166  
2008年5月23日、神奈川県川崎市多摩区にあります生田緑地内「ばら苑」へ行ってきました。今回もRoshiさんの写真で構成することにします。当日はお天気が良かったいうよりとても暑い一日になりました。色白のRoshiさんは日焼けで真っ赤になってしまいましたね。                                    


バラの灼熱 Roshi - 2008/05/25(Sun) 08:57 No.1167  

初めての「ばら苑」体験の日が予想以上の好天に雨男の私としてはビックリでした。確かに好天の予報でしたがここまでピーカンになるとは思いませんでしたね。仰るとおりここ生田緑地で1年分の日焼けをしたようで頭の天辺から顔まで大酒を盗み飲んだように真っ赤っかになってしまいました。                                          


旧向ヶ丘遊園 Taka - 2008/05/25(Sun) 13:44 No.1168  

ここは以前は小田急向ヶ丘遊園という遊園地内のバラ苑でした。遊園地当時から何度かここへバラを見に来ています。今ではこの一帯は生田緑地として整備されて、ばら苑は川崎市に引き継がれ市民ボランティアの協力にによって育成されています。西洋風の柱をあしらったロイヤルコーナーは遊園地当時のままです。Roshiさんは遊園地には来たことがあるそうですが、ばら苑は初めてなんですね。                                                      


バラの記憶 Roshi - 2008/05/25(Sun) 14:32 No.1169  

そうなんです。「向ヶ丘遊園地」の頃に家族で遊びに来た記憶があります。そうは言っても数十年前のことですから「来た」という以外の記憶は殆ど残っていません。どんな乗り物に乗ったかも増してやバラ苑の記憶などは微塵もありません。向ヶ丘遊園地が閉鎖になるという報道がされ「バラ苑」をどうするのかといった記事でバラ苑の存在を知ったような次第です。ロイヤルコーナーは如何にも欧風の庭園ですね。大勢の人が散策したり写真を撮ったりしていましたが人が少なければ “ベンチで紅茶” も似合うかも知れません。                               


見頃のバラ Taka - 2008/05/26(Mon) 12:46 No.1170  

向ヶ丘遊園地時代には、ロイヤルコーナーの横に緑色の大きなパラソルを開いた休憩所がありました。白い丸テーブルを囲んだイスに腰掛けて、色とりどりのバラを眺めながら冷たい生ビールを飲むことが出来ました。遊園地じゃなくなってしまって残念です。この日のバラは全体的に見頃を過ぎ始めていました。ここ数日で急に気温が上昇してきたので、思っていたより咲き急いでいる感じです。それでも、Roshiさんが見つけた真っ赤なバラはちょうど今が見頃でとても綺麗でした。                                           


バラの疲労 Roshi - 2008/05/26(Mon) 14:09 No.1171  

“バラを眺めながら生ビール”のシチュエーションは最高ですね。そんな時代があったんですねぇ。今も売店やベンチはありますが“生ビールを飲みつつ”の雰囲気はありませんもんねぇ ・ ・ ・ 。バラはどれも見事な咲き具合でしたが確かに盛りを過ぎた感じはありました。暑さに急かされて一気に咲き、咲き疲れてしまったのかも知れませんね。                          


脚立を持った渡り撮り Taka - 2008/05/26(Mon) 16:22 No.1172  

いつの間にかRoshiさんに撮られてしまいました。城みちる風に「脚立に乗った少年♪」と題しようかと思いましたがRoshiさんが許すはずがないので、ぐっと渋く小林旭風にしました。私はカメラを三脚に固定するよりも手持ちで撮るのが好きなので、体を安定させるために脚立を持ち歩くことがあります。ばら苑内で私たちよりややお姉様と見受けられるご婦人に変わった咲き方をするバラの所在を尋ねられましたが、いま考えるとポケットがたくさん付いたベストを着て脚立を持っていたので「ばら苑作業員」と間違えられたのかもしれませんね。                               


脚立を持ったヨン様 Roshi - 2008/05/26(Mon) 16:44 No.1173  

立派な多機能の三脚も持っているのに最近は脚立を持っての撮影が多いですね。三脚は三脚で安定感が抜群ですが“手撮りのTaka”としては“脚立の機動性”を選んだということでしょうか。今回の ばら苑 のように大勢の人が写真を撮っている場所ではドッシリと三脚を構えるより脚立のほうが断然いいです。疲れた私には手頃で手近な椅子代わりとしても有り難いですしね。そう言えばオバちゃんに何かを聞かれていましたね。作業員に間違えられたのではなく、オバちゃんとしては脚立をもったカメラマンさんに聞けば苑内の事は何でも分かると思ったんじゃないでしょうか。小林旭? いえいえ、Takaさんは少しばかり時期を逃したヨン様です。                                 


川崎市立日本民家園 Taka - 2008/05/26(Mon) 18:04 No.1174  

ばら苑をひととおり見ましたので次の目的地である「日本民家園」へ行きました。ここは全国から移築した古民家の野外博物館になっています。岐阜県白川村から移築した合掌造りの山下家は「そば処白川郷」になっています。ここでRoshiさんにお蕎麦をご馳走になりました。(ごっつぁんです)                     


白川郷で蕎麦にGo! Roshi - 2008/05/26(Mon) 22:14 No.1175  

「ごっつぁんです」と言って貰えるほどの振舞いはしていませんのでお恥ずかしい限りです。でも、食べた蕎麦は思ったより美味しかったですね。公立施設内の飲食店であることや食事時を過ぎて空いていた腹具合などを勘案してもマァマァだったのではと思います。何よりも開け放した窓から通り抜ける風が一番のご馳走だったかも知れません。                       


古民家内部見学 Taka - 2008/05/27(Tue) 17:40 No.1176  

古民家のいくつかは座敷へ上がれるところがありました。囲炉裏に火が入っているところもありました。床が竹で出来ていていかにも座り心地が悪そうなところもありました。園内で行き交ったのは、遠足の小学生集団とガイドに連れられた年配のグループばかりでした。野外博物館という性質上、家族の行楽にはあまり向いていないようです。Roshiさんは最後にはだいぶお疲れのようでしたけど、1万歩にはまだ届かないので歩き足りなかったのではないですか。(笑)                     



徒歩ホ・・・ Roshi - 2008/05/27(Tue) 20:19 No.1177  

“日本の原風景” を代表するような佇まいですね。ここ日本民家園に移築されている古民家はどれも当時のハイクラスの家々ですが現代の家に比べると大きいばかりで使い勝手は良さそうに見えません。でも、何処となくホッとするものがあります。我々がリモコン一つでで享受している便利さは見られませんが暖かい温もりが感じられます。古民家の殆どは開放されています。上がり框から上には行かれませんが縁側などで一休みすることは十分に可能です。(何棟かは内部に上がることができ、学芸員の解説を聞くことも出来るようです)Takaさんも書いているように“行楽”には不向きですが安らぎや癒しには最適かも知れません。少人数の外国人グループが熱心に家々を巡っているのも印象的でした。また、民家園に来る機会が持てたなら今度こそシッカリと歩いてジックリと見て回りたいと思います。アッ、そうそう今回の歩数は7513歩でした。                           
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
管理作成
affiliate
アフィリエイト
あし@
フリーエリア
Copyright © All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]