忍者ブログ
[5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15
きょうから11月、霜月です。
残すところ今年も2ヶ月になってしまいました。
誰に急かされる訳ではありませんが何となく落ち着きません。
精神的に落ち着かないというのとは別に身体的にも落ち着きません。
それは何故か ・ ・ ・ ? 
花粉症が 「絶賛公演中」 だからです。
 
ネットで調べてみると春からの花粉症が一般的ですが最近では秋冬の花粉症も珍しくないそうです。
春は樹木からの花粉、秋冬は草木からの花粉が原因になることが多いとのこと。
私の場合、木にせよ草にせよ目の痒み、鼻水の頻出、喉のイガイガ感など症状は春夏も秋冬も共通しています。
とりわけ鼻水は春からの花粉症と変わらず “洪水” 状態でゴミ箱からはティッシュが溢れています。
目下の希望は朝から降っている雨です。
一時的にせよ花粉の飛散を止め、悲惨な症状の沈静化を期待しているのです。
 
        「終わる日々終わらせぬぞと花粉舞い」
PR
きょうから10月、神無月です。
早いもので1年のお開きへと向かう最終3ヶ月の最初の月のスタートです。
きょうから9月、長月です。
8月下旬は涼しい日が何日か続きましたがこのまま順調に秋になってくれるのでしょうか。
因みに今日1日の当地神奈川県雑文館地方は雨模様です。
車で家を出る時は曇り空で 『何とか持つかなぁ』 と思ったのですが ・ ・ ・
そして出先のビルの窓からザーザー降りの外を眺めています。
 
車には傘を常備しているのですが駐車場は野天です。
車まで傘を取りに行く間の数分間でビショ濡れは確実です。
それに車まで辿り着けば傘は不要になります。
車から出る時にチラッと傘を思ったのですが 『時 既に遅し』 です。
 
        「雨の日に君を恋する傘思い
きょうから8月、葉月です。
先月22日に梅雨明けが発表された当地神奈川県雑文館地方ですが順調に猛暑、酷暑の日々が続いています。
例年にも増して熱中症に倒れる人も多いようです。
お年寄りの中には死亡された方もいらっしゃるようですので呉々もご留意下さい。
 
勿論、お年寄りに限らず全ての年代で熱中症に対する対処は必要です。
特に自分ではどうすることも出来ない幼児には周りの大人の気配りが大事です。
それなのに今年も 『車に子供を置き去りにして熱中症で死亡』 が既にニュースになっています。
なぜ毎年毎年痛ましい事故は繰り返されるのでしょう。
 
いまやそれほど高価ではないロボットでさえ人と会話をしたり空気を読んだりするそうです。
情報を与えればどんどん学習し更新しステップアップしていくとも
それに比べて人間は毎年のように起きてしまう “車中置き去り熱中症死” をなぜ学習しないのでしょうか。
どんなにパチンコに勝っても、お得な買い物ができても我が子が生きて居ればこそなのだと思うのですが ・ ・ ・ 。

 
         【熱  中  症  注  意】

  

        「子の暑さ思える熱き親であれ 」
きょうから7月、文月です。
何だかんだと言いながらも一年の前半が終了し後半6ヶ月のスタートです。
毎度の慣用句ですが日々の移ろいの速さに驚きます。
1日が早い(短い)とはあまり感じないのですが1日が7日間、1週間に纏まると 『エッ、もう1週間も終わりだ』 と感じます。
その1週間が1ヶ月に纏まると 『ウワッ、もう一月が終わる』 と感じます。
 
これからは暑くなる一方の季節が暫く続きます。
日々が過ぎる感慨とは別に “暑さの夏” はサッサと過ぎて頂ければというのが “暑がり肥満体” の切なる願いです。
秋の実りにあまり影響の出ない範囲での冷夏になってくれればと思うのですが 「例年通りの暑さ」 が気象庁の御宣託のようです。
今夏もエコよりエゴで体調維持に万全を尽くしたいと思います。
 
        「設定に謝りながら一度下げ
管理作成
affiliate
アフィリエイト
あし@
フリーエリア
Copyright © All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]