忍者ブログ
[6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16
遅ればせながら 『明けましておめでとうございます』。
今日が1月15日であることは十分に承知しています。
幾ら1月とは言っても 『明けまして~』 のご挨拶が時宜を逃していることも承知しています。
実は私、昨年12月半ばから今日1月15日まで入院していました。
クリスマスも大晦日も紅白も我が誕生日すら病室で迎えました。
行く年も来る年も病室でした。
 
今回の時宜を逃しての 『明けまして~』 のご挨拶は言わば自戒の念と反省を込めたものです。
当雑文館ご来館の皆様も体調不良や不安を感じたら躊躇わず病院へ行きましょう。
診察の結果が 『問題なし』 なら万々歳、何等かの発見に及べば早期発見が期待できます。
できる我慢を時には我慢しないという選択も時には必要、重要です。

 
         「病室と言えど去り来る年はあり」

     
  
PR
きょうから12月、師走です。
1年間頑張っていたカレンダーもペラペラになり心細げです。
きょうから11月、霜月です。
残すところ今年も2ヶ月になってしまいました。
誰に急かされる訳ではありませんが何となく落ち着きません。
精神的に落ち着かないというのとは別に身体的にも落ち着きません。
それは何故か ・ ・ ・ ? 
花粉症が 「絶賛公演中」 だからです。
 
ネットで調べてみると春からの花粉症が一般的ですが最近では秋冬の花粉症も珍しくないそうです。
春は樹木からの花粉、秋冬は草木からの花粉が原因になることが多いとのこと。
私の場合、木にせよ草にせよ目の痒み、鼻水の頻出、喉のイガイガ感など症状は春夏も秋冬も共通しています。
とりわけ鼻水は春からの花粉症と変わらず “洪水” 状態でゴミ箱からはティッシュが溢れています。
目下の希望は朝から降っている雨です。
一時的にせよ花粉の飛散を止め、悲惨な症状の沈静化を期待しているのです。
 
        「終わる日々終わらせぬぞと花粉舞い」
きょうから10月、神無月です。
早いもので1年のお開きへと向かう最終3ヶ月の最初の月のスタートです。
きょうから9月、長月です。
8月下旬は涼しい日が何日か続きましたがこのまま順調に秋になってくれるのでしょうか。
因みに今日1日の当地神奈川県雑文館地方は雨模様です。
車で家を出る時は曇り空で 『何とか持つかなぁ』 と思ったのですが ・ ・ ・
そして出先のビルの窓からザーザー降りの外を眺めています。
 
車には傘を常備しているのですが駐車場は野天です。
車まで傘を取りに行く間の数分間でビショ濡れは確実です。
それに車まで辿り着けば傘は不要になります。
車から出る時にチラッと傘を思ったのですが 『時 既に遅し』 です。
 
        「雨の日に君を恋する傘思い
管理作成
affiliate
アフィリエイト
あし@
フリーエリア
Copyright © All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]