忍者ブログ
[336]  [335]  [334]  [333]  [332]  [331]  [330]  [329]  [328]  [327]  [326
2012.2.10 

先週の4日(土)、電話を入れましたが当日の予約が満杯ということで翌5日(日)も聞いてみましたが既に満杯。
週が明けての7日(火)8(水)9(木)は当方の都合の良い時間に空き無し。
そして今日10日(金)の朝一の電話でやっと予約が取れました。
 
三ツ星レストランでも有名なスイーツのお店でもありません。
行きつけの理容室の話です。
数年前までは店主と店主のお義母さんの二人で営業していたのですがお義母さんが引退し今は店主のみで営業しています。
一人営業になってからは徐々に予約制に移行したのですがそれでも半年くらい前までは飛び込みでも何とかやって貰えました。
しかし、現在は予約制が浸透したらしく土日の飛び込みは無理になりました。
平日なら時間帯を選ばなければ飛び込みでも何とかなるようですがそうそう自由になる時間はありません。
 
本当は先月中に行くつもりだったのですが運悪く風邪を引き込んでしまったため今月になってしまいました。
私の髪は量的には心許ないのですが癖が強く、あまり長くなるとどんな整髪料を使っても抑えが効きません。
鏡で見ても既に限界に達しているので時間帯を選んでいる状況ではなくなりました。
そして今日の予約で10時半という中途半端な時間が確保できたので調髪に行ってきたという訳です。
 
私は原則として行列してまで食事をしたり物を買ったりすることは好みません。
予約も取れなければ他を探します。
しかし、理容室だけは 『ならば他に行くよ』 にはなりません。
イスに座って 『いつものようにね』 と言い、後は1時間少々ウトウトと微睡んで居られる場所は他には無いからです。
世の中は縦、横、斜めと閉塞感が一杯ですがそんな閉塞感から解放される数少ないオアシスの一つ、それが “いつもの理容室” なのです。
 
        「安穏も先ずは予約で確保をし」
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
管理作成
affiliate
アフィリエイト
あし@
フリーエリア
Copyright © All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]