忍者ブログ
[389]  [388]  [387]  [386]  [385]  [384]  [383]  [382]  [381]  [380]  [379
2013.5.9 

シュレッダーを購入しました。
10年近く前に購入したものが有るには有るのですが買い換えました。
これまで使っていたものはカットすると平たい紐状に裁断されます。
量は決して多くないのですが形状的に隙間が多く出来ます。
重くはありませんが小まめにゴミ捨てをしないと付属のダストボックスが直ぐに満杯になってしまいます。
音も激しくて使い始めの頃は2階でシュレッダーを使うと1階の家人が驚くほどでした。
 
そんな或る日、テレビを観ていたらシュレッダーの通販をやっていました。
提示されている金額をネットで調べると何処よりもテレビ通販が安いと判明し申し込みました。
3~4日で配達されたので直ぐにテストです。
新しいシュレッダーのカット方式は “ミクロカット” とか言うようで紙は米粒大に細かく破砕されています。
驚いたのは作動音の静かさです。
 
今までのシュレッダーは如何にも『裁断してるぜ』と大音量でした。
それに比べると余りの静かさに『本当に仕事してるの?』と疑いたくなるほどです。
この音なら夜遅くても階下の家人に気を使う必要もありません。
尤も、好んで夜にシュレッダーをつかう必要もないのですが ・ ・ ・ 。
 
良いこと尽くめの新シュレッダーですが使っているうちに別の注意点が浮き上がりました。
それは破砕された紙が細かいので密度が濃いということです。
前のシュレッダーのように満杯にしていたら相当の重量になりそうです。
今はダストボックスの四分の一程度になったら別のゴミ袋に移しています。
これまでに4~5回ほど移しましたがミッシリとした重量感があります。
この紙屑が紙幣だったらなどと妄想を抱きつつ「ミックスペーパー収集日」を待っています。
 
        「我が人生刻んで捨てたいこともあり」
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理作成
affiliate
アフィリエイト
あし@
フリーエリア
Copyright © All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]