忍者ブログ
[296]  [295]  [294]  [293]  [292]  [291]  [290]  [289]  [288]  [287]  [286
きょう、町会の理事さんが平成23年度の町会費と義捐金を集めに来ました。
町会費の集金はこの時期の恒例ですが義捐金は東日本大震災に対応したものです。
そして、毎年の恒例として地域神社の例大祭 (夏祭り) の寄付もあるのですが今年は震災のための自粛で中止とのことです。
お祭りというものは単に地域の恒例行事というだけではなく 『国や地域の安寧を願い、五穀の豊穣(豊漁)を祈り、森羅万象を尊び、死者の魂を鎮める等』 が目的の筈ですから震災を理由に中止というのは話が逆のような気がします。
 
当地神奈川県雑文館地方に限らず各地のメジャーなお祭りや花火大会なども “自粛で中止 ・ 規模縮小” が少なくありません。
お祭りの本分云々は脇に置くとしても “経済が回らない” 分かり易い例がお祭りの中止に窺えます。

例年だとお祭りの2日間の一定時間帯で神社周辺の道路は車両通行止めになります。
そして多くの屋台が出店し、それを目当てに大勢の人たちが集まり、お神楽なども披露され大賑わいの2日間です。
今回、お祭りは中止ですから屋台の出店はありません。
従って屋台を冷やかしたり品物を買い求めたりする人たちも集まりません。
人々が集まらず屋台も無いのですから屋台で使われる筈だったお金や神社へのお賽銭も落ちません。
屋台の収入で生計を立てている人たちの実入りも当然に減ってきます。
従って屋台の収入で賄われていた生活費、教育費、教養娯楽費等々の支出に回すお金も減っていきます。
こうして消費も神社への寄付も伸び悩み、日本経済全体の停滞も長引いていきます。
 
一地域のお祭りの自粛(中止)で 『風が吹くと桶屋が儲かる』 より分かり易い “回らぬ経済” の図式が浮き上がります。
この状況が日本各地で現出するのですから 『たかがお祭りの一つや二つ』 と言う訳にはいかないのではないでしょうか。
“今の祭り” を自粛して “後の祭り” を拡げてはね ・ ・ ・ 。
 
        「自粛やめ身の丈なりの世を回す」
 
 
   頑張ろう!東北  頑張ろう!茨城  頑張ろう!千葉 
 
          頑張ろう!長野  頑張れ!日本
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
管理作成
affiliate
アフィリエイト
あし@
フリーエリア
Copyright © All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]