忍者ブログ
[309]  [308]  [307]  [306]  [305]  [304]  [303]  [302]  [301]  [300]  [299
きょうから8月、葉月です。
先月末の豪雨で列島各地は大きな被害が出た地域もあります。
災害は 東日本大震災 だけでも十分過ぎる被害ですがそれを上書きするように豪雨が多くの川を氾濫させ生活を麻痺させました。
今回の豪雨は幸いと言って良いのかは分かりませんが以前にも同じような被害を受けた地域に齎されため以前の教訓が十分に生かされ、人的被害は少なく治まったと聞きます。
先の大震災の教訓も生きたのだろうと思います。
 
それに比べて経験、教訓を生かせないのが菅総理です。
種々の発言は飛び出すのですがその多くは “思いつき” の域を出ず、相変わらず “言葉の軽さ” が際立ちます。
脱原発にしても “思い付きの理想” は語るのですがその為の財源や法的枠組み、人的枠組みは示されません。
原発を無くすことによって生じる地域雇用の喪失や地域経済の凋落化、日本全体に及ぼす諸々も語られません。
国内的、国際的に信用・信頼を失った “菅 死に体総理” ではあっても取り敢えず一国の責任者が何かを語るときはきちんとした裏づけを持って語るべきです。
いや、信用・信頼が無いからこそ十二分な裏づけが必要なのです。
まぁ、菅さんが総理の座に居るべき裏づけはとっくに雲散霧消して今は五里霧中なのですが ・ ・ ・ 。
 
        「涙拭くハンカチさえも雨に濡れ」
 
       【終戦時、マッカーサーは日本の民主主義は12歳と言ったとか。
         今は日本の指導者が12歳以下。(露枝)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
管理作成
affiliate
アフィリエイト
あし@
フリーエリア
Copyright © All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]